トップ 体整形マッサージの方法と効果について お問い合わせ サイトマップ

体整形マッサージの方法と効果|田中宥久子流体整形マッサージの方法, 体整形マッサージの方法 > 体整形マッサージ方法 鎖骨・付け根・ひざ

体整形マッサージ方法 鎖骨・付け根・ひざ

体整形マッサージ方法 鎖骨・付け根・ひざの画像

田中宥久子さんの体整形マッサージは、体中に張り巡らされているリンパの流れを促進させるマッサージ法です。
まずは、基本コースのやり方からマスターしましょう。
全身のリンパの流れを促し、代謝を高めるためにも、最初から最後まで通して行うとよいそうです。

まず、鎖骨のマッサージで準備運動。
肩幅に足を開いて立ち、両手を胸の前で交差させ、中指と薬指を鎖骨のくぼみに入れてゆっくり押し、離します。
これを3回繰り返します。
痛い人は、体が凝っています。
マッサージするのに大切な場所なので、丁寧に行いましょう。

次に足の付け根を、腰のあたりから骨盤の手前まで、Uの字を描くように5回さすります。
両手を使って、親指以外の4本の指でやさしく行います。
骨盤をなでる感覚で行うとよいでしょう。
ただ、リンパ節のある場所は、直接圧力をかけないよう注意して。

ひざは、まず右足をイスなど台に乗せて曲げます。
右手をひざの裏側に入れて、やや下辺りをもみます。
そのとき左手はひざの内側で、円を描くようになでます。
同時に、右手はもんで、左手は回転させます。
これを5回転させたら、足を交代。
左足を乗せて曲げ、左手でひざの裏側をマッサージし、右手で円を描きます。
もむときに、痛気持ちいいポイントを押さえるとよいでしょう。


田中宥久子の体整形マッサージ DVDブック 応用スペシャル編 田中宥久子の体整形マッサージ DVDブック 応用スペシャル編

今日のお勧め記事 ⇒ 体整形マッサージ方法 手~腕・脇

体整形マッサージの手~腕・脇の方法です。 手や腕も疲れやすい部位です。 マッサージでリンパの流れを促してあげましょう。 手のひらの中心→手首の内側→ひじの外側を反対側の親指の腹で5秒間ゆっくりと押します。 それぞれ3回ずつ行います。 手首→ひじは、親指をはなさず、圧力をかけながら移動させます。 次に左腕をあげて、右手でつかみながら、ひじから肩へさすります。 腕の老廃物を脇の下へ流し込む感覚で行うといいでしょう。 そのとき腕の下側だけでなく、側面や上などを5回くらいに分けて行

体整形マッサージの方法と効果|田中宥久子流について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。